【高級結婚相談所】FELICE芦屋ラウンジに行ってきた【男は医師・歯科医師限定】

フェリーチェ

こんばんは。D→Aです。記事をなかなか更新できずスミマセン。

最近Twitterを始めました(↓にリンク貼っておきます)ので宜しければフォローをお願いいたします。

待ちに待ったクリスマスですね。皆さんいかがお過ごしですか。私は今年もぼっちです。

今年の冬までに特定の異性ができない場合は、婚活として結婚相談所に登録しようかなーとなんとなく考えていました。言い訳がましくなりますが、当家は母子家庭であり、あまり裕福でなかったこともあって「結婚は出来ない、子供を育てるなどもっての外」と考えていました。そして、結婚を考えていない恋愛は何となく許せない自分がいて、恋愛もしてきませんでした。(その気になれば恋愛できたのかどうかはさておき。)

つらつら書くと長いのでこの辺にして、今年はインターネットでたまたま知ることになったFELICE;フェリーチェ(以下フェリーチェとします)という結婚相談所に行くことを決意しました。

 

 

SPONSORED LINK

フェリーチェの特徴

①男性が医師・歯科医師のみしか入会できない
②男性は圧倒的に支払額が少ないが、女性はかなりのお金を積まないと入会できない
③年齢・学歴制限がある

この辺りがパッと見では目につきました。つまり、女性の方が結婚に本気になりそうな感じなのです。まぁ、それゆえに怖いという気持ちも少しありましたが。

ちなみにフェリーチェさんは全国に4箇所あります。東京銀座・神奈川横浜・大阪梅田・兵庫芦屋の4つです。今回は徳島から最も近い芦屋に行ってまいりました。もちろん電話で予約してからです。

芦屋駅から徒歩5分くらいの場所に芦屋ラウンジはありました。

芦屋ラウンジがある建物。ロックがかかっていますので、「プライムマリッジ」と記載がある部屋にインターホンで会話してロック解除していただきます。プライムマリッジはフェリーチェのみでなく、いくつかの結婚相談所を運営している会社名です。

そして入室するとテーブルとイスが4つ置いてあるこじんまりとした部屋に通されます。撮影もしたんですが、アップの許可を得ていないので写真ナシにしておきます(ホームページに各ラウンジの様子が写真付きでアップされていますのでそちらをご覧ください)。

フェリーチェの詳しい流れ

そこでコーディネーターさんからフェリーチェの説明を受けます。要点をかいつまんでいうとこんな感じ。

プライムマリッジはクラブオーツー、フェリーチェ、アベニューという3つの事業を展開している
会員登録をすると3つの方法で異性を紹介してくれます。1つ目は毎月の決まった日に送られてくるプロフィール。男性は月に1人、女性は月に2枚送られてくると。プロのコーディネーターが選りすぐった、相手に合うだろうと思われる人が送られてきます。そのプロフィールを見てお見合いをするかしないかを決定します。1回目のお見合いではお互い苗字のみを明かし、60~90分の間、コーディネーターが用意してくれた席でお話します。その後、コーディネーターを通して相手に連絡先を教えて良いかどうかを決定します。お互いがOKならば連絡先の交換になります。
2つ目は、関西圏では2ヶ月に1回行われているパーティ。参加希望を出せば男性6名女性6名までなどの少人数パーティに参加できます。そこでは異性全員とお話する時間があるようです。その後お互いがOKのペアは連絡先を交換すると。この時、連絡先の交換は1人のみということはなく、複数の異性と交換することも出来るそうです。
3つ目は半年に一回開催のプライムセレクション。これは説明聞いてもあまりピンとこなかったのですが、普段よりも圧倒的に多くの方のプロフィールが見えるとのこと。8人分を同時に見れるらしい。かなり好評なイベントだとか。
連絡先の交換をした後も、結婚するまでの全工程をコーディネーターがサポートしてくれます。気が合えばお見合いの席の設定を繰り返し、「正式交際」の流れになるそうです。正式交際では、結婚を前提として具体的な日取りを決定していくそうです。両親へのご挨拶や結婚式の日取りなど。
結婚が成立すると成婚退会となり、男が成婚料を収めることになるのですが、ここで注意事項がひとつありまして、お泊り旅行や同棲などの出来事は「結婚と同等」と考えられ成婚退会になります。たしかにこのシステムは必要だと思いました。現状男性がかなり有利なシステムですし。コーディネーターさんが言っていましたが「傷つくのは女性なので」と。なるほど納得です。
相手に求める条件をコーディネーターさんに伝えます。これは本当に多種多様だと思います。年齢、身長、容姿、年収、住んでいる地域、趣味、フィーリング、学歴などなど本当に何を重視するかは人それぞれなので、いろいろと伝えます。コーディネーターさんが責任を持って選んでくれるからこそ、月に1~2通しか送られてこないプロフィールからカップルが出来ていくのでしょう。

 

上記のような説明を聞き、入会をすることにしました(入会をすることを決めてから聞いた話も上記に記載しております)。まぁ男は入会段階ではほぼノーリスクというのもありますが。

必要書類・必要な出費について

必要書類はサイトにも書いてある通りで、独身証明証、自分の写真、国家資格免許証写し(持ってる方;男は必須)、卒業証書写し、身分証明書写し、源泉徴収票(男は必須)、勤務先証明(保険証や社員証など)、口座引き落とし用のキャッシュカードでした。

独身証明証は本籍がある市役所に行く必要があり、本籍が徳島でない私はすぐ用意出来なかったので代行をお願いいたしました。代行料金として1000円をお支払いしました。

それから、写真はその場で撮影してくれます。ライトスタンドとレフ板を使って光を左右両方に当ててくれます。

ということで本日のお支払は1000円のみ。あとは本日用意できなかった独身証明証やプロフィール記載の書類が整い次第、プロフィールが送付されてくるそうです。

男性側の支払いが発生するのは、①お見合い後、②パーティなどのイベント参加後、③成婚退会時の3パターン。

 

SPONSORED LINK

最後に

フェリーチェ(FELICE)は結婚を真剣に考える方のための相談所です。コーディネーターは都合お二人にお会いしましたが、特にお一人はとても経験豊富で完全にお任せ出来そうな感じでした。まぁ当たり外れは少しあるかもしれませんが、組織としてはかなり信頼出来る印象を受けました。

その他の細い情報もいくつかあるのですが、それは登録してのお楽しみということで。ネックはやはり登録できる人が限られるところですかね。資格や料金(女性側の負担が大きい)もそうですが、地域的にも全国4箇所でしか活動起点がないのは一部地域の人では厳しいですね。

まぁ・・・結論的には今年もクリぼっちだったわけですが、フェリーチェに登録したことで、少しだけ前進した気持ちになりましたとさ。

今後については逐一報告するのではなく、ある程度進展したらお伝えするようにします。かなりセンシティブな問題ですしね。

こちらもどうぞ(↓)

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメントを残す