【艦これ】2019 秋イベ E4「バタビア沖海戦」輸送ゲージ攻略【進撃!第二次作戦「南方作戦」】

どうも。じゅん(@doinakanet)です。続いてE4を攻略していきます。

E4は輸送ゲージ+戦力ゲージのWゲージになってます。
戦力ボスがめちゃめちゃ硬く、装甲破砕ギミックもあるとのこと。

じゅん
輸送ボスはまたまた重巡ネ級改(耐久390)です。

相変わらず硬くなかなかS勝利を取らせてくれませんね。

本記事は2019秋イベ 第四作戦海域(前段作戦 最終海域) E4:【バタビア沖海戦】(バタビア沖海戦)の輸送ゲージ攻略/破壊の記事です。

公式アナウンスはこちら(↓)

スポンサーリンク

お札

  • E1:攻略護衛隊
  • E2:空襲部隊
  • E3:蘭印部隊
  • E4:馬来部隊

連合艦隊での出撃で「馬来部隊」参加札が付与されます。

特効

重巡 最上、三隈 1.2倍
軽巡 由良、名取 1.1倍
駆逐艦 吹雪、敷波 1.2倍
朝風、水無月、文月、白雪、初雪、叢雲、暁、ヴェールヌイ、皐月、春風、旗風、長月 1.1倍
揚陸艦 あきつ丸 1.1倍

※海域全体にかかる補正。

戦艦 金剛、榛名 1.25倍
重巡 高雄、愛宕 1.25倍
軽空母 龍驤 1.25倍

※戦力ボスにかかる補正。

参考:海外wiki

ルート

F→G→I→J→M→N→Pのルートで攻略。潜水→通常戦闘→通常戦闘→ボス。

陣形など

マス 陣形 備考
Fマス 第一(対潜警戒) 潜水マス
Gマス 第四(戦闘隊形) ツ級+リ級+ネ級
Iマス 緊急泊地修理
Jマス 戦闘なし
Mマス 第四(戦闘隊形) ツ級+リ級
Nマス 戦闘なし
Pマス 第四(戦闘隊形) ボスマス。重巡ネ級改(耐久390)

編成例

水上打撃部隊

第一艦隊第二艦隊

水上打撃部隊の方が輸送護衛部隊よりもS勝利が取りやすいので採用。S勝利が取れるのなら輸送量がそこまで変わらないので…。

じゅん
水上打撃部隊はこのあとの2ゲージ目や装甲破砕ギミックにも使える編成なので、輸送のために札を付けなくて良いというのも採用した理由です。

※E6でも秋津洲or明石を編成した最短ルートが確認されてます。運用は慎重に。

  • 制空値

道中ボスマスともに制空値はありません。軽空母には艦攻、艦爆多めでOKです。

じゅん
道中にもボスマスにもツ級が配置されてるので少ないスロットの攻撃機は枯れます(千歳の24でも枯れた…)

少ないスロットには火力底上げ用の「熟練整備員」や「副砲」だったり、戦爆連合(昼カットイン)用の「艦戦」がおすすめ。

  • 対潜装備

Fマスの潜水艦はほとんど基地で倒しきれるんですが、旗艦が残りやすいので保険として1隻先制対潜できる艦娘がいると安心です。

  • 並び順

ボスがカッチカチなので特効艦や雷巡を最後尾に配置しました。ホント硬いので最上、三隈辺りを第二艦隊でもいいかも。

  • 輸送量

輸送量は「甲:TP400 乙:TP350 丙:TP300 丁:TP300」

上記の編成例ではS勝利時TP107、A勝利時TP74。S勝利4回で終わる計算です。

輸送量はこちらを参考に(↓)

装備 S勝利 A勝利
ドラム缶(輸送用) 5.0 3.5
大発動艇 8.0 5.6
特大発動艇
大発動艇(八九式中戦車&陸戦隊)
特大発動艇+戦車第11連隊
特二式内火艇 2.0 1.4
戦闘糧食 1.0 0.7
秋刀魚の缶詰
戦闘糧食(特別なおにぎり)
艦種 S勝利 A勝利 艦種 S勝利 A勝利
駆逐艦 5.0 3.5 練習巡洋艦 6.0 4.2
軽巡洋艦 2.0 1.4 航空巡洋艦 4.0 2.8
航空戦艦 7.0 4.9 補給艦 15.0 10.5
水上機母艦 9.0 6.3 揚陸艦 12.0 8.4
潜水空母 1.0 0.7 潜水母艦 7.0 4.9

基地航空隊

・第1は陸攻×4でボスマスに集中。
ボスマスに航空戦力はないので陸攻×4でOK。
行動半径は5。

・第2は対潜哨戒機を配備してFマスに集中。
ボスマスには第1のみでも特に問題ないので第2を潜水マスに送り、本体の対潜装備を減らしてます。
行動半径は4。



支援艦隊

使用しませんでした。

ドロップ

まるゆや春日丸のドロップがあるようです。

情報が集まり次第こちらの記事にまとめます(↓)

【艦これ】2019 秋イベ ドロップ率まとめ【進撃!第二次作戦「南方作戦」】

2019年12月8日

まとめ

輸送ゲージ破壊後はルートとボスマスが追加されます(↑)

明石or秋津洲入りのルートなら道中も楽なのでサクッと終わらせることができました。攻略後の掘りでもお世話になりそうなルートですね。

じゅん
戦力ボスもルートはほとんど変わらないので同じような感じになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメントを残す