【ミニマリスト】キッチンをコックピット化する為に断捨離したもの12点【写真あり】

自然派なミニマリスト生活を送っています。Mai です。

我が家は夫婦ともに料理好きで、一般的な家庭と比べて調理道具が多めの家です。
ミニマリストになって、以前よりだいぶ物が減りましたが、まだまだ減らせるはず。

先日の家電の断捨離以降「キッチンをもっと使いやすくしたい」という思いが強くなり、再度キッチンツールの見直しをして、キッチンのコックピット化に挑戦してみることにしました。

前回の記事はこちら(↓)

【ミニマリスト】毎日使っていたけれど断捨離して良かった家電3つ【比較写真あり】

2018年2月1日

SPONSORED LINK

キッチンツールの収納が4ヶ所もあった

まずキッチンツールの収納場所を数えてみたところ、全部で4ヶ所もありました。

4ヶ所に分けて収納をしていたため、重複して持っている道具が存在していたり、モノの住所が決まっておらず整理されていませんでした。

まずは、4つの収納を写真付きでご紹介します。

ガスコンロ上の吊り下げ収納

(↑)ガスコンロ上の窓際に、ワイヤーラックで吊り下げ収納をしています。

主にコンロ周りで使うお玉やフライ返し等を吊り下げています。頻繁に使うアイテムです。

食洗機上の吊り下げ収納

(↑)ちょうど食洗機の上の方に、アパートにもともと付いていた吊り下げ収納があります。
ここにはハサミや計量カップが吊り下げられていて、よく使うスタメンアイテムです。

食洗機横の立てる収納

(↑)空き瓶にシリコン製のフライ返しやお玉、菜箸などが収納されています。
ここに置いてあるものは奥にあって取り出しづらいこともあり、使用頻度が低めになっていました。

シンク横の引出し収納

(↑)ゴチャゴチャといろんな物が入っていますが、頻繁に使うのは軽量スプーンと茶こしぐらいです。それ以外はたまに使うアイテム。

断捨離の手順3つ

今回の断捨離では下記の手順でキッチンツールの見直しを行いました。

  1. 重複しているもの
  2. 使用頻度が低く代用が効くもの
  3. 無くても困らないもの

この手順で断捨離を行うことで、無駄に悩むことなく不要なモノを選ぶことができました。

重複しているもの

  • 『お玉とフライ返し』ステンレス製とシリコン製の2種類を持っていましたが、鍋を傷つけないように無印良品のシリコン製のものに統一し、ステンレス製のものは処分することにしました。
  • 『栓抜き』こちらも2つ持っていたので、缶切りとコルク抜きが付いた万能なタイプを残し、お魚型のかわいい栓抜きは処分。
  • 『菜箸』長さの違うものを2つ持っていたので、短い方を処分しました。

使用頻度が低く代用が効くもの

  • 『ポテトマッシャー』年に2〜3回しか使用しておらず、フォークやすりこぎで代用が可能なため処分。
  • 『ピザカッター』グルテンフリーを始めてから家でピザを食べることが無くなり、この1年で一度も使っていなかったので処分。必要な時は包丁で切ればいいと思いました。
  • 『味噌こし』ずっと網の中に残る大豆の粒がもったいないと思っていたので、夫と話し合い味噌はお玉で濾すことになりました。

無くても困らないもの

  • 『パスタメジャー』いつも目分量で計るため一度も使っていませんでした。家でパスタを食べることも少なくなったし、どうしても計りたかったら重さを計るので無くても困りません。
  • 『シリコーンラップ』食器の材質によって使えないこともあり、扱いづらさからほとんど使っていませんでした。電子レンジの温めもやらなくなったので、今後も使うことはなさそうです。

キッチンツール12点を断捨離しました

(↑)上記12点のキッチンツールを断捨離することが出来ました!

ステンレスのお玉とフライ返しは私が18歳の頃に雑貨屋さんで一目惚れして買ったもので、17年間壊れることなく使えていた丈夫なものでしたが、18歳の趣味で選んだもので現在の私には少し可愛いすぎるデザインが恥ずかしかったため、今回思いきってお別れすることができて良かったです。

その他、謎のスプーンやレンゲ、計量スプーンに付いていた棒も断捨離することが出来ました。

断捨離後のキッチン【写真】

(↑)コンロ上の吊り下げ収納
お玉などのガスコンロでよく使うアイテムを吊り下げました。

(↑)食洗機上の吊り下げ収納
ピーラーなど水回りでよく使うアイテムを吊り下げました。

(↑)食洗機の脇の収納
空き瓶の立てる収納が無くなったので、スペースが空いてスッキリしました!

(↑)シンク横の引出し収納
よく使う軽量スプーンと茶こしは、今までどおり引き出しから出す方が便利なので場所は変えませんでした。
使用頻度が低めの2軍アイテムもこちらに収納しましたが、断捨離する前よりスッキリ!

SPONSORED LINK

まとめ【写真】

(↑)before

(↑)after
食洗機の横がスッキリしただけで、全体的に片付いた印象になりました!

(↑)before

(↑)after
吊り下げ収納の見た目はそんなに変化がありませんが、よく使うアイテムの定位置をよく使う場所に置いてコックピット化したことで、無駄な動線が減りキッチンの使いやすさが格段に上がりました!

断捨離をすると、その後の整理収納がとても効率的にできるので、収納に悩んでしまった時にはいったん断捨離から始めてみるといいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



コメントを残す