【艦これ】2018冬イベE6甲堀り【Ташкент・Гангутなど】

こんばんはD→A()です。

みなさんが続々とイベントをクリア、堀も終了しつつある時期ですが、今更ながらE6甲のタシュケント堀記事を書かせていただきます。更新が遅くてスミマセン。

タシュケントはE6で初登場した新艦娘ですが、残念ながらE6はトリプルゲージであり、しかも第三ゲージのボスでしかドロップしないため、丁難易度で掘って、最終的に甲難易度にするという作戦がかなり困難でした。(E5浜波も同様。今回イベはこういう方法で低難易度での堀を防いできたとも言えます。)

丁難易度での堀もやってみたのですが、やはり時間効率が悪く、断念しましたので甲難易度堀の記事となりました。

2018冬イベリンク(↓)

SPONSORED LINK

E6甲ボス(第三ゲージ)ドロップ

第三ゲージのボスマス(Wマス)でドロップするレア艦娘は以下。

ボスドロップ
タシュケントガングート・Z1・Z3・三隈・大淀・能代・酒勾・矢矧・風雲・早霜・清霜・夕雲・巻雲・秋雲・舞風など

上記のロシア艦中心のレアドロップと、三隈あたりが目玉でしょうか。

タシュケントはA勝利でも出ます。S勝利で矢矧・酒勾・大淀などはS勝利限定の模様です。

E6甲堀 周回用編成オススメ

上記編成が個人的には最もオススメです。ポイントは以下の通りです。

  • 戦艦を入れない → 大破時のコストが非常に高いため、検討の末、戦艦は外しました。
  • 霞改二、足柄、那智を採用 → 史実艦で特攻がありボス、ダイソンを撃破可能です。特に霞改二は司令部を装備出来るので旗艦に向きます
  • 摩耶改二、秋月など対空を意識 → 空襲マスが非常に強烈です。ボスの艦載機を枯らすこともあるため、出来るだけの対空装備をオススメします。増設機銃も視野に。
  • 航巡で制空サポート → 空襲マスで制空喪失すると大破リスクが非常に高いです。劣勢でもいいので出来るだけ水戦で対抗しましょう。
  • 潜水艦の高速化 → Oマスから進軍する際に低速艦が居るとボス到達不可能(強制Mマス)のため高速化を。制空サポート出来る潜水艦ならなお良し。

周回用基地編成 オススメ

基地編成、およびどこのマスに送るかは非常に重要です。今回はいろいろな解があるかと思いますが、私の感想も含めオススメを紹介します。

第一基地です。陸戦4で行動半径5以上。ボス前空襲マス(Rマス)に集中で出します。

第二基地です。陸戦1+上位陸攻3で必要行動半径は6。ボスマス(Wマス)に集中で出します。

第三基地です。陸攻4。道中のGマスに集中で出します。必要行動半径は2。

基地は極めて重要です。陸戦1+陸攻3を3部隊ともボスマスに送れば、ボスS勝利は安定します。しかもボスが昼行動不能になる可能性が非常に高く、被害も少なく済みます。しかし道中大破がかなり頻回に起こるため、艦隊の疲労抜きなども含めると、堀り周回には向いていないと判断しました。

潜水艦編成にすることでOマスがかなり楽になりますが、その分Gマスがキツくなるので、Gマスと最終鬼門のボス前空襲マスRの2つを基地の力で突破します。

E6甲の実際の様子

ボスマスのみ単縦陣。それ以外は全て警戒陣を用います。

D→A
警戒陣を信じろ!私から言えることはそれだけです。

まず第一マス目の空襲マスCですが、いきなり大破の可能性がありえる破壊力です。上記編成時は航巡の代わりにイタリア戦艦で水戦4装備にしています。ここも基地を送ろうかと考えるレベルでしたが、対空装備をいっぱい積んで、警戒陣を信じます。

2マス目の潜水マスです。強いです。たまに大破します。警戒陣を信じましょう。

弱編成なのに大破させられる熊野さん(レベル125)。ここも基地を送りたくなりますが警戒陣で我慢しましょう。

そしてGマスです。ここは相手が単縦陣のため、昼戦雷撃まで敵を残してしまうと雷巡などの強力な雷撃を喰らってしまいます。基地を送って凌ぎましょう。ここで潜水艦を大破させないためにも警戒陣を選びましょう。

もしここで潜水艦が大破しても、撤退させて進撃しましょう。その場合はOマスが警戒陣だよりになりますが、割と抜けれます。

そして超強力軽空母ヌ級改が2隻も登場する最鬼門マスのOマスです。なんとヌ改は先制対潜攻撃を仕掛けてきます(笑)

ここで潜水艦がデコイとして大活躍ほぼ全ての攻撃を吸収してくれます。しかし、運悪く上編成を引いてしまうと3番艦の重巡が連撃を仕掛けてきて、潜水艦以外の艦娘が大破することがあります。輪形陣の場合はまず大丈夫なのですが、複縦陣を引いてしまうと少し危険です。上記画像では単縦陣にしていますが、警戒陣にしましょう。(この時は潜水艦の高速化をせずに、Oマスで大破させてもらって撤退するという戦略を試していましたので単縦にしていました。)

ほぼこのOマスで潜水艦は大破します。しなければラッキーですが、司令部で退避させましょう。

退避艦について
撤退艦は赤疲労になります。バケツを使ってもCond値40になるので、すぐに再出撃せずに9分間待って、隠れ疲労をなくしてから再出撃することを推奨します。

Oマスから進軍するタイミングで、駆逐2が必要になります。ここまでで駆逐艦の大破があった場合はおとなしく撤退しましょう。

ボス前Rマスです。ここはCマスよりも強烈な空襲が来るので基地集中推奨です。基地集中していても時に中破したり、中破艦が大破することがあります。

さて、ボスマスです。単縦陣を選びます。運良く基地航空隊で軽空母を落とすことが出きれば航空優勢を取れることもあります。しかし、基本的には航空喪失~劣勢なので連撃装備やカットイン装備は推奨しません。

また、条件が厳しいため夜偵も不要かと思われます。

わずか1部隊の基地集中でもダイソンが落ちることがあります。

ボスは昼戦でカットイン攻撃を仕掛けてきます。かなり強力なので、中破~大破を覚悟しなければなりません。

E6第三ゲージのボスマスでは夜戦に入ると友軍艦隊が助けに来てくれます。少しだけS勝利の確率が上がります。しかしアタリハズレがあるので過度な期待は禁物です。

E6甲は被害が非常に出やすいマップとなっております。上記は到達率重視で高速戦艦2を採用して、基地を道中に2部隊、ボスに1部隊としたときのものですが、入渠費がとんでもないことになりました。A勝利でも十分にタシュケントドロップは狙えるため、A勝利狙いもやっていましたが戦艦被害が資源をかなり喰うため、戦艦は外すことにしました。

また、相手本隊を全部落としたのに、第二艦隊の駆逐艦が1隻残ったせいでA勝利止まりになることもあったため決戦支援は出すほうが良いと思われます。

※基地3部隊をボスマスに集中するのであれば不要です。

支援艦隊の例です。旗艦のみキラを付けてください。

上記編成・支援・基地でボス到達率は80-90%程度、ボスS率は30‐50%程度、ボスB勝利以下は0%でした。体感で申し訳ございません。

夜戦に入る段階で8隻轟沈させていて、こちらの艦隊と相手の艦隊を見てS勝利不可能と判断した場合は夜戦に入らないでA勝利で我慢することを推奨します。弾薬、疲労、入渠コストが浮きます。

周回当たりのコストについて

E6甲周回はかなりコストがかかります。これに加え基地3基の出撃コストと補充コスト、そして入渠コストがかかります。

もはや計算していません!(爆)

その他の編成候補について

  • 潜水艦は個人的にはかなり推奨ですが、使わない手もあります。 → その場合はOマス突破のために道中支援を行うなどの工夫が必要かと思います。
  • 秋月型駆逐艦を加えて、駆逐3にする → 駆逐2がないとOマスからMマスに行ってしまう対策。対空も強化される。しかしボスSは困難。
  • 雷巡を採用する → 道中の安定感が増す。ボスマスでもそこそこの活躍。しかし、雷巡自体が脆いため空襲マスやOマスなどのリスクが高め。
  • 高速戦艦を採用する → 装甲が高いため道中大破が少なくなる。しかしボスSは困難で、損傷時のコストが非常に高い。
  • 基地をその他マスに送る → 理想はボスマスに全集中ですが、艦隊のキラ付けまではしていない堀編成では道中突破が困難。堀とは言え全力を出すと割り切って全キラ+W支援という手もアリ。

 

SPONSORED LINK

感想

1マス目空襲マスからの大破撤退が割とあったのが衝撃的でした。摩耶様とか秋月を入れてるのに・・・。道中も輪形陣や単縦などいろいろと試しましたが警戒陣を信じるという結論になりました。

イベント終了が3月23日(金)朝11時と発表がありました。この記事を書くのがかなり遅くなってしまいましたが、まだタシュケントドロップにE6甲を回っている方がいれば、と思って書きました。

空襲マスも、潜水マスも、Gマスも、Oマスも、Rマスも、全マスで大破のリスクがある上に基地を3部隊飛ばさないといけないマップなので消費がかさみますが、タシュケントはかなり優秀な駆逐艦のようですので是非ドロップを狙いましょう。

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

こちらもおすすめ!



記事のツイートやシェアしていただけると幸いです。

ミニマリストになって辞めてみたことを中心に書き綴っています。

ミニマリストになる目的は、「物を減らしてスッキリとした暮らしをする」ということよりも、「もう無駄なお金を使いたくない」という思いの方が大きかったです。

「艦これ」運営鎮守府 公式カレンダー2018




12月25日発売開始!
すでに重版も決定していてオススメです。
今年も素晴らしい出来ですよ。

コメントを残す